So-net無料ブログ作成
パリ2007*Paris ブログトップ

パリところどころ。*ロダン美術館* [パリ2007*Paris]


1730年に建てられた、このロココ様式が美しいビロン館は、
数々の所有者を経たのち、フランス国家に寄贈されたロダンの作品と、
彼の美術コレクションを展示するロダン美術館として、1919年に開館しました。

館内に入ると、いきなり、The Japanese Dreamと題されたエキシビジョンが催されておりました。


Hanako Mask Type D 1907-1908年
日本からパリに渡り、芸者あるいは女優として活躍していたというHanakoの肖像。
この苦虫を噛み潰したような表情の同じタイプの頭像がいくつも展示されていまして、
そのあまり美しくない様子に、同じ日本女性としては快い気分ではいられなかったのですが、
パンフレットの解説によりますと、これは普通一般的な”肖像”ではなく、
彼女が舞台で”ハラキリ”を演じていたときの、”恐怖”と”痛み”を表しているとか。
つまり、アトリエで彼女に演じさせながら作成したのかもしれません。

久保田は花子を紹介した。
ロダンは花子の小さい、締まった体を、不恰好に結った高島田のいただきから、
白足袋に千代田草履を穿いた足の尖(さき)まで、
一目に領略するような見方をして、小さい巌畳(がんじょう)な手を握った。
久保田の心は一種の羞恥を覚えることを禁じ得なかった。
日本の女としてロダンに紹介するには、
も少し立派な女が欲しかったと思ったのである。

~森鴎外 著  『花子』より~

続きを読む


nice!(9)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

パリ、ところどころ。 *ペール・ラシェーズ墓地編* [パリ2007*Paris]

パリ最大の墓地で、最も墓参者が多いと言われるペール・ラシェーズ墓地にて、
私も幾人かのお気に入りの芸術家のお墓参りに行ってまいりました。


この広大な墓地の中でも、最も訪れる人が多いと思われるショパンのお墓。
清楚な女性の彫像は、ショパンの紡ぎだす美しい旋律に酔いしれているようにも見えますね。
私も一輪、お花を供えてきました♪
花瓶に挿した*ピンクの薔薇*がそれです。 図々しくも、ど真ん中に!(笑)


『フレデリック・ショパンの肖像』  ドラクロワ画

本人の遺体はこちらに埋葬されていますが、
心臓だけは、故国ポーランドのワルシャワにある聖十字架教会に葬られているそうです。
パリに来てからは二度と祖国へは帰ることがなかったショパン。。。
理由は謎とされていますが、母国を去らなければならない、
そして母国へ戻ることができないという、何かやむにやまれぬ事情があったそうですね。
パリで華々しい成功を手にしたものの、心はいつも祖国ポーランドとともにあったのだという、
彼の無言の訴えを聞く思いがします。

続きを読む


nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

パリ、ところどころ。*ルーアンへ プチ旅の巻* [パリ2007*Paris]

今回も、パリ滞在中、一日だけ郊外の街へ日帰り旅行に行ってきました。
行き先は、ノルマンディー地方セーヌ川下流域に栄える美しい古都 ルーアン。
祖国を救った女傑・ジャンヌ・ダルクや、『ボヴァリー夫人』などの著書で知られるフロベールゆかりの地として知られています。


出発駅のサン・ラザール駅構内。
パリからはSNCF線の特急で約1時間30分で行くことができます。
切符を右下の黄色い機械に通して、刻印してから乗車するのですが、
この機械はあまり台数がなくて、ホームに電車が入ると、皆がこの機械に殺到しますので、
早めに刻印しておいたほうがいいみたいですね(;^^)


『サン・ラザール駅』  モネ画  オルセー美術館蔵
パリ近代化の象徴として、ターミナル駅として話題を呼んだサン・ラザール駅は、
汽車から吐き出される白煙、または、多くの行きかう人々の姿が、
モネやマネをはじめとする印象派の画家たちの関心を誘い、格好の画題となりました。
1889年に改装されたそうですが、プラットホームが三角屋根なところは、
当時の面影を残しておこうという意図があったのでしょうか。。。

続きを読む


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

パリ、ところどころ。*ファッション雑誌&カタログ編* [パリ2007*Paris]

こんにちは(^^)

しばらくブログをお休みしている間、パリに行って参りました。
先日、昨年のパリ旅行記を終えたばかりですのに、また開始です(;^^)

しかし、大切な旅の思い出ですので、
自分自身のために頑張って記事をアップしていこうと思います。

まずは、現地で調達してきましたファッション雑誌&カタログ編。

□■ Salvatore Ferragamo ■□

成田空港第一ターミナル内の、
ブランドショップが軒を連ねる“ナカミセ”のブティックで頂きました。
知らず知らずのうちに物欲しそ~なオーラ(゜q゜) が出ていたのか、
店員さんが「よろしければ、どうぞお持ち下さい。」と、すかさず言って下さいました(笑)

出発前に女性のファッション雑誌で見て知って、
素敵だな~と思っていたので、とても嬉しかったです(^^)

続きを読む


nice!(5)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
パリ2007*Paris ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。