So-net無料ブログ作成
検索選択
映画 や行 *Movie ブログトップ

映画 『山の郵便配達』 [映画 や行 *Movie]

山の郵便配達

山の郵便配達


*監督* フォ・ジェンチイ
*制作* カン・ジェンミン、ハン・サンピン、ポン・ヂエンミン
*脚本* ス・ウ
*出演* 父親: トン・ルゥジュン
息子: リィウ・イエ

1999年 中国

*あらすじ*
1980年代初頭の中国・湖南省の山間部。
長年、郵便配達員として働いてきた父親が、引退を機にその仕事を息子に引き継ぐための、
2泊3日の旅を通して親子の絆をも深めてゆく物語。

                     ****

時々、無性に中国映画が観たくなるんですよね~。

そんな時、ちょうどよくBSでこの映画を放送していたので録画して鑑賞しました。

しっとり、まったり、ゆったり…な映画です。

表現が曖昧すぎ?

でも、心が穏やかになって、静かな余韻が残るんですよ。

中国山間部の、緑が匂いたつような風景に、ノスタルジック音楽がゆったりと流れて物語が始まります。

引退を決めた父親と、その郵便配達の仕事を引き継ぐ息子が、仕事を覚えるための2泊3日の旅を通して、

互いを見つめあい、それまであったわだかまりを少しづつ解きながら、認め合っていくのです。

配達先の山村の人々は、手紙を待ちわびているというよりは、

配達員を待っているという感じ。

村人たちとの信頼関係は、長い時間をかけて、少~しづつ培ってきたのだろうと思うと、

とても尊いものに思えてきます。

更には、村に身寄りのないおばあさんに、ある優しい“心配り”をするのですが、

それがさりげなくて素敵でした。

その“心配り”を、息子にもそっけなく教えます。

仕事はもちろんだけれど、人に対する思いやりを持つ心をも受け継いで欲しいということなのでしょう。

そのことに少し疑問を感じなからも、やがて素直に受け入れていく息子役のリィウ・イエ。

『中国の小さなお針子』で見たときから、素朴で素敵な人だな~と思っていました(^^)


(写真は『中国の小さなお針子』より)

最後に、仕事に向かう一人前になった息子を寂しそうに、でも眩しそうに見送る父親がよかったですね~。

また、いつも父親について配達をしていた愛犬“次男坊”が、今までは決してについてゆかなかったのに、

「もう彼は大丈夫。」と、本能的に覚ったように、息子の後を追うところも新たな絆を予感できるものでした。

ところで、この手の中国映画って、そこはかとな~い色気が漂っていると感じるのは私だけでしょうか。

今回も、あからさまなラブシーンはなくとも、ちょっと淫靡に感じてしまったのでした。

…というのは、多分私だけの感想であって(;^^)、とても癒される素敵な映画ですので、

お勧めでございます~。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
映画 や行 *Movie ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。