So-net無料ブログ作成
映画 ま行 *Movie ブログトップ

映画 『魔笛』 [映画 ま行 *Movie]


*監督* ケネス・ブラナー
*脚本* ケネス・ブラナー
*脚色* スティーヴン・フライ
*音楽* ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
*出演* ジョセフ・カイザー as タミーノ
      エイミー・カーソン as パミーナ
      ベン・デイヴィス as パパゲーノ
      シルヴィア・モイ as (若き日の)パパゲーナ
      ルネ・パーペ as ザラストロ
      リューボフ・ペトロヴァ as 夜の女王
2006年 イギリス

*あらすじ*
第一次世界大戦の塹壕戦のさなか、
兵士タミーノは、毒ガスによって攻撃を受け気絶してしまいます。
そんな彼を助けたのが、夜の女王の侍女である3人の従軍看護婦でした。
しかし、目覚めた時に傍らに居たのが毒ガスを探知するカナリヤを
飼うお仕事をしているパパゲーノでしたので、
タミーノはてっきり彼が命の恩人と勘違いしてしまい、
パパゲーノも調子に乗って作り話をする有様なのでした。
そこへ先ほどの看護婦たちが現れて、お調子者のパパゲーノを懲らしめます。
暗黒卿ザラストロにさらわれたという夜の女王の娘・パミーナの
写真を見せられたタミーノは、彼女をひと目見るなり恋に落ち、
更には母親である夜の女王に哀願されて、
パパゲーノとともにパミーナ救出へと向かうのでした。

                     ****

□■ 音楽について ■□

モーツァルトの生涯最後にして、最高傑作と謳われるオペラだけあって、
序曲を聴いただけで、もうワクワクしました♪
さすがはクラシックのなかでも、特に人気の高いモーツァルトの曲は楽しいですね。
自らの芸術性の発露から生まれただけの音楽ではなくて、
観衆を楽しませようと心を砕いて作られた音楽には、
やはりそれ相応に、親しみやすさと、心を打つものがあるものですね。

続きを読む


nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

映画『マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶』 [映画 ま行 *Movie]

*監督* マリオ・カナーレ、 アンナローザ・モッリ
*音楽* アルマンド・トロヴァヨーリ
*出演* セルジョ・カステリット (ナレーション含む)
      バルバラ・マストロヤンニ
      キアラ・マストロヤンニ 他
2006年 イタリア

*あらすじ*
ルキノ・ヴィスコンティ監督に見出されて舞台に立ち、
フェデリコ・フェリーニ監督の映画によってその名を世界に知らしめた
イタリアの名優マルチェロ・マストロヤンニ。
彼の親友であったトロヴァヨーリの美しいピアノをバックに、
彼自身のインタビューと、生前ゆかりのあった人々のインタビュー、
そして出演映画の名場面と、記録映像を織り交ぜながら構成されたドキュメンタリー。

                      ****

マルチェロ・マストロヤンニ… 
ダンディで、甘やかで、茶目っ気があって、チャーミングな俳優さんですね(^^)
身なりはきちんとしていたらしいですが、
それでも、例えば、曲がったネクタイを結びなおしてあげたり、身だしなみを直してあげたり、
なにかと世話を焼きたくなってしまうような、母性本能をくすぐる魅力もありますね(*^m^*)

映画では、彼とともに数々の名画を作り上げてきた監督や俳優、
そして、娘のバルバラとキアラ、
更には、財産管理を担っていた弁護士や、
衣装やメイク担当だった方々までに及ぶ言葉によって、
彼の人物像が少しずつ見えてきます。

続きを読む


nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画 『マイアミ・バイス』 [映画 ま行 *Movie]


*監督、脚本* マイケル・マン
*製作* マイケル・マン、 ピーター・ジャン・ブルッジ
*出演* コリン・ファレル as ソニー・クロケット
     ジェイミー・フォックス as リカルド(リコ)・ダブス
     コン・リー as イザベラ
2006年 アメリカ

*あらすじ*
巨大犯罪組織による密輸の重要な中継地となっているマイアミ。
昼夜問わずの潜入捜査で、抜群のチームワークをみせるマイアミ警察特捜査(バイス)のソニーとリコは、使っていた情報屋やFBI捜査官がおとり捜査中に殺害されたことから、合衆国司法機関の機密情報の漏えい元を探るべく、自らも麻薬密輸組織への囮捜査という危険な特別任務に挑んでいきます。

                       ****

コリリンの『マイアミ・バイス』観てきました。 
ああ、コリリン、なんてむさくるしいの~! …好き♪ (呆)

マイアミ・バイスは20年前に製作されたTVシリーズなんだそうで、ヴェルサーチに身を包みフェラーリを乗り回すというスタイリッシュな刑事のドラマで大ヒットしたそうです。
20年前は知らないですけれど、ここのところず~っとテレビ東京系で再放送してますよね、ドン・ジョンソン、確かに素敵ですが一度もドラマをみたことがありません(;^^)
同じマイアミものだったら『CSIマイアミ』がまた観たいわ~、ホレイショ~! カムバック!

今回の映画でも、ソニー(コリリン)とリコ(ジェイミー)が、フェラーリでマイアミの高速道路をガンガン飛ばします。
でもできればマセラッティの方がよかったなぁ(T~T)
お腹に響き渡る重厚なエンジン音…、それを体感しているうちに、忘れかけていた“運転する男性の色気”が蘇ってきて、少し興奮してしまいました(*^m^*)
更には大海原を、コリリンが高速艇でコン・リーとドライブする場面も素敵でした。

ある批評で「コン・リーは、どすこい系のオカンにみえた。」と仰っていた人がいましたが(笑)
それって、『秋菊の物語』で身重にもかかわらず、夫に怪我を負わせた村長を訴えようと奔走する“オカン”姿が印象に残っているのではないでしょうか、あれは確かに凄まじかったです(笑)
彼女はあまり華がなくて、私にとっては新鮮なヒロイン像でした、『たまゆらの女(ひと)』で見せたように、幸薄いムードが彼女の魅力なのでしょう。

マイアミ市警のコンビが、情報漏えいによる仲間の死をきっかけに、漏えい元を突き止めるべく、麻薬取引のおとり捜査という危険な仕事に挑むというものでとてもスリリングでした。
驚くべきことに、こういう仕事を実際にやっている人がこの世にいるのですね~、コリリンらは、彼らの指導も受けたそうですよ。
偽取引中、密売組織の連中に身元を見破られたら、一瞬にして頭を撃ちぬかれる… 想像を絶する恐怖です(><)

お話しが飛びますが、そういう命を削るお仕事をされている人には、しっかりした家庭が必要ですよね、先日最終回を迎えたドラマ、『FBI失踪者を追え!・2』をみてもそう思いました。

そのドラマでは、FBIで日々失踪者を見つけ出すという尊いお仕事をしているある捜査官が、弁護士である妻のキャリアのために、自分の仕事内容や、地位、積み上げてきたキャリアを捨てる決意をするというものでした。
これにはどうも納得がいきませんでしたね~(T~T)
妻は、自分が昇進したから、夫に仕事内容を変更して転任先へついて来いだなんて言うんです。
確かに男女平等の時代ですが、夫は危険な現場で市民のために命をかけて闘っているのですからそれを尊重、優先させるのが普通ではないでしょうか?

ということで、つまりは、たとえばそういう捜査官とかお医者様とか、市民の安全を守ったり人の命を救う尊いお仕事の男性は特に、自分のキャリアやプライドに固執したり、家庭をしっかり守れないような女性を配偶者に選んではいけませんね~、と個人的には思います。
なので、これから結婚されるそういう職業の若い男性がたは、「自分のお嫁さんは自分でみつけるよ! だからママは口出ししないで!」な~んて言ってはいけません、ちゃんとママの意見も訊きましょう。

…お話しは映画に戻りまして、

やがてソニーたちは、漏えい元を突き止め、密売人どもと銃撃戦になっていきます。
この銃撃戦がまた凄まじいです、今は普通の拳銃で撃ち合いするのではないのですね、マシンガンでやりあうので音も凄まじくてとても迫力がありました。

ちょっとネタバレしますと、銃撃戦の最中、我を失い暴れるコン・リーを足で乱暴に押さえつけて、敵に応戦しているコリリンがセクシ~でございました。

いつもは優しく触れてくれるのに、いざとなったら力ずくでねじ伏せる! かっこいいっ(≧▽≦)


nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
映画 ま行 *Movie ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。