So-net無料ブログ作成
サッカー*Football ブログトップ
- | 次の10件

2006 FIFA ワールドカップ™の思い出。 [サッカー*Football]

全試合観たわけではないし、技術面はよく分かってない私ですので、
かなりミーハーでございます、ご了承下さいm(_ _)m

***スウェーデン***

もともとお気に入りだったユングベリに加えて、W杯の欧州予選での素晴らしいプレーを観てファンになったイブラヒモビッチの活躍に期待しましたが、故障で得点も挙げることなく、期待した華麗なるプレーを殆どみられず残念でした。
でもユングたんは、初戦に続いてまた引き分けか…と諦めかけていたパラグアイ戦での後半終了間際に決めて勝利に導いてくれたので、この時はとても嬉しかったです。
これを引き分けたら決勝トーナメントに進むのが危ういところだったので、彼は国民的英雄ですね(*^^*)
その後、イングランドに引き分けて、無事決勝進出できたものの、対ドイツではイブラヒモビッチは故障の為か途中交代で、DFの退場者を出すわ、ベテランのラーションはPKを外すし、やられっぱなしのなすすべなし状態で2-0と粉砕されてしまった感じでしたので、だいぶ心残りでした(T_T)

しか~し、新たに素敵な人発見♪

DFのエドマン。
最近、眉毛が薄~い人(日本のヤ○キー風は除く)がマイブームなので魅力的に感じました。

***ベッカムの涙***

ポルトガル戦で、右足負傷でベンチに下がったベッカム様が、人目をはばからずに泣いていたのが印象的でした。
この時は感動とか、もらい泣きするとかするではなく、驚きでいっぱいでした、まさかあのスーパースターが自分の泣く姿、弱っている姿を露わにするなんて! と信じられなかったのです。
そうとう悔しかったのでしょうね。
エクアドル戦(だったか?)では嘔吐してしまったらしいですから、プレッシャーも凄まじいものだったのでしょう。
しかし、ポルトガルに敗退したゲーム直後には、そんな様子が嘘だったかのように、皆を励まして回る姿が凛々しくて素敵でした(^^)

***ウクライナのカリニチェンコ選手***
イタリア戦のとき、彼がピッチサイドで水を飲むところを、顔面を大きなアップで、しかもスローモーションで映し出していて、これがまるで、グラビアアイドルのプロモーションビデオのようでした(笑)

思わずデュラン・デュランの『グラビアの美少女~Girls On Film』が頭に浮かびましたわ~(古くてすみません・笑)
しかも、カリニチェンコもカメラ目線のように見えたんですよ~、どなたか見た方、覚えてらっしゃる方いないでしょうかね~。
カメラマンはこの時きっと、「なんて美しいんだ!」と、彼の綺麗なブルーの瞳から目が離せなかったに違いないわ!(←激しく妄想中)
う~ん、もう一度観たい(≧▽≦)

***ドログバ選手***

コートジボワールのドログバ選手は、自国の貧しい子供たちにとっての希望の星、憧れの的なのだそうです。
アフリカの国々では往々にしてあることなのでしょうね。
そんな期待を一身に背負った、どことなく哀愁漂う表情を見ていたら、無性に応援したくなりました。
なので、オランダ戦はとても応援していたのですが、キーパーに対するファウルというミスジャッジ(←言い切るかい)によって警告を受け、次の試合は出場停止となってしまって、本当にお気の毒でした(p_;)
しかし、そんな手負いの獣ならぬ“手負いの獅子”を連想させるような不運な姿がセクシーに感じたのです。

***ポルトガル***

大会の少し前に好きになったデコちゃんとポルトガルは、こんなに強いチームだとは想像していなかったこともあって、最後まで本当に楽しませていただきました(^^)
初戦のイラン戦ではデコちゃんが痛快なミドルシュートで先制し、その他、奇想天外なパスやクロスを随所で見せてくれて素晴らしかったです、彼は“マジコ(魔法使い)”と呼ばれるに相応しい選手ですね。
また、対イングランドでのPK戦で、ランパードとジェラードを止めたリカルドのプレーも圧巻で、この時は、「キーパーもヒーローになれるのだな。」と私にとっては初めて思えた瞬間だったかもしれせん。
また、このPKを決めればポルトガルの勝利という場面で、クリスチアーノロナウドの番が回ってきた時は鳥肌たちました、まさにヒーローがヒーローたるに相応しい舞台に上がった瞬間のようで…。と言いつつ今回はそれほど活躍しませんでしたけれどね(;^^)
プレッシャーのかかる場面を見事に乗り切ってかっこよかったです、見直しました(←今頃ですかい)
それから、デコちゃんに「チームが家族のように感じるときがある。」と言わせ、自身も「父親の役割をしていると思うときがある。」と言っていたスコラリ監督の姿も心に残っています。

試合中はピッチサイドで大きな身振りで選手を鼓舞し、勝利に喜ぶ選手たちを見つめる優しい表情からは、深い愛情を感じました。
大会後どのような去就を決するのか気になるところですが、どうやら続投するようですね、“スコラリファミリー”をこれからも見続けることができると思うととても嬉しいです。
きっと、ポルトガル代表にに更なる可能性を感じているのでしょう、ユーロ制覇に向けて頑張って欲しいですp(^^)q

***決勝戦、ジダン退場***
私のような者でも、これは衝撃的でしたから、熱心なファンの方々にとってはそうとうのショックだったことでしょう。
真相について、FIFAが調査するというニュースを聞きました。
勿論、暴力はいけないことですけれど、言葉の暴力もいけないですよね。
フェアプレーに反していると思うし、レフリーに向かって挑発的な物言いをすれば、退場になるのだから、相手選手に向かって言っても同じ意味を持つと思うのです。
もし、ジダン選手が言う侮辱的発言をしたというのが真実なら、マテラッツィは同時に自分の家族も辱めてしまいましたね、口汚く罵るということは品位の無さが露呈してしまったのですから…(;^^)
知らなかったのですが、こういうことは日常茶飯事であるらしく、ならばこれを機に、完全に取り締まるのは無理としても、選手個人個人がスポーツマンシップ(というかマナーでしょう)を見直すことになればいいなと思います。

***日本代表***
私が過信していたせいか、今大会の日本チームにはがっかりしました。
でも、アーセン・ヴェンゲル監督の「世界のトップレベルに達するには、どん底も知らなければならない。」という言葉を聞いて元気が出てきました。
今回はそのどん底を味わったのだし、中田選手という頼りになる存在を失ったことは重大だけれど、その大きなブランクをどう補うかを、チームが反って必死になって考えればよりよいチームを作れるようにも思えます。
だからきっと、2010年は、良い成績が残せるのではないでしょうか、そう信じてます(^^)


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

こちらこそ、ありがとう。 [サッカー*Football]


中田英寿選手の引退で、日本中に激震が走りましたね。
それほど熱心ではないけれど、私も一サッカーファンとして、なにか喪失感というのか、
ひとつの時代が終わったという寂しさがこみ上げてきます。

Jリーグから飛び出して、イタリアのセリエAのチームに移籍すると聞いたときは、とても驚きました。
応援したいという気持ちももちろんあったけれど、正直、日本人が海外のリーグで、
しかも、世界最高峰のセリエで通用するのかという疑問がありました。
しかし、そんな懸念を払拭するように、ペルージャで大活躍して一気に彼の名は世界に轟いたのでしたね。
時には私はそれまで一度も観たことが無かった素晴らしいオーバーヘッドでゴールを決めてみせてくれたり、そしてASローマに移籍して、リーグ優勝の舞台にも立ち…
あまりにも素晴らしい活躍で、想像を超えていたからか、
そんな姿を見ていても、なんだか夢を見ているような気分が続きました。

世界選抜に選ばれてゴールを決めた時、この頃ようやく日本人プレーヤーが世界の頂点に立っているという実感が湧いたかもしれません。
このときは、同じ日本人としてとても誇りに思いました。

先日のW杯では、オーストラリア戦で破れた後、クロアチア戦に向けてのインタビューに対して、「勝つという結果以外答えることはない。」と言ったとおり、クロアチア戦では積極的にミドルを2本も打ち込んで、引き分けに終わったものの、その姿は有言実行(“不言実行”と言われてましたが)というのかその気迫が伝わってきました。
それにブラジル戦ではピッチに上がる前に、ロナウドやカカと何やら会話を交わしているのも印象的でした。
単に話しかけてみただけかもしれないけれど、私には、“王者”と言われてる彼らとも、自分たちも対等に戦えるんだという意気込みや意思を表しているようにも見えたのです。

ブラジル戦の後、ピッチ上に倒れたままの彼に寄っていったのは、宮本選手とスタッフだけだったという記事を読んで、とても腹立たしく思いました。
その記事が真実なら、他の選手たちはなんて冷たいのでしょう。
選手それぞれが、自分の感情を治めるのに必死だったせいかもしれないけれど、
これだけ精神を尽くしてくれた彼に寄り添うこともないなんて!
彼は“孤高の人”とか言われているそうですけれど、そういう人に限って実は寂しがりだったりするのですよね。
だからというわけではないけれど、声をかけずともよいから、せめて少し側にいるくらいしてもいいのではないかと思ったのです。
この記事を読んだ後は、もう、これからはこんな冷たい選手たちの出ている試合なんて、観に行きたくない、と心の底から思いました。

中田選手の引退メッセージは、複雑な想いを率直に語っていて、静かに心に響いてきました。
そして、日本代表に失望を感じていた私にとっては、彼の“日本代表選手は技術も高いし、可能性を感じていた”という言葉が、少し勇気を与えてくれました。
彼が望むなら、もう観戦したくないなんて言わないで、これからも日本代表を、特別なことはできないにしても、時には厳しい目で愛情を持って応援していこうと思います。
このメッセージによって、いつか必ず彼を超えたいと思う選手やサッカーを始める子供たちがいてくるといいですね。

最後に彼は、“ありがとう”という言葉でメッセージを締めくくっています、
今まで私たちに、素晴らしい夢をみせてくれた彼に対して、「こちらこそ、ありがとう。」と言いたいです。


nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(4) 
共通テーマ:スポーツ

日本vsブラジル (T^T) [サッカー*Football]

この試合を観る前までは、「日本の選手たちよ、最後まで私たちを楽しませてくれてありがとう。」と言いたい気分でしたが、あまりにも惨敗だったのでその気も失せてしまいました。

たまにはブラジルに勝ちましょうよぉ~~~(T^T)

でも今回は、もし勝てなくても1-0か2-1くらい、もしくは引き分けて欲しかったです。

アドリアーノ等も温存だったし、先制したし、絶好のチャンスだったでしょう?

玉ちゃんの先制で気を良くした後、前半ロスタイム残り僅かで海坊主…(違)、ロナウドに同点にされた瞬間、思わずドーハを思い出してしまいました。
あれで、こと切れた…気がしました、選手たちも、そして私も。

ロナウジーニョもカカも下げられて、更には正ゴールキーパーまで下げられて!
なんたる屈辱!

いつもクールな中田選手がピッチに倒れこんで立ち上がれない姿が心に残りましたね、
あれくらい、チーム全員が、もしくは国民全体が悔しがらないと世界レベルにはほど遠いですよね。
だって惜敗ならまだしも、コテンパンにやられたのですから。
あれをみて、世界のレベルに達しているのは、まだ中田選手くらいなのだなと思いました。

次回の南アフリカ大会からは、アジア予選にオーストラリアが加わるそうですし、今回出場を逃した中国も、体制を立て直して死に物狂いでやってくるでしょうから、日本は出場も危ういのではないでしょうか。

次期代表監督には、プライドをかなぐりすてて、ヒディング監督にお願いしましょうよ~(;^^)

川淵キャプテンのお話ですと、ジーコのサッカーは、選手各々に考えさせ、任せるスタイルなんだそうですが、日本の選手にはまだそれでは駄目なんじゃないでしょうか、手取り足取り指導やら指示しないと。
“監督として実績のある人”にお願いしたほうがいいと思うのですが…。

それから、選手には関係ないけれど、今回のN○Kの実況のアナウンサーが、”王者ブラジル””王国ブラジル”と連呼しているのも気に入らなかったですね~。
確かにそうなのでしょうけれど、日本戦だけは言わないで欲しかったです、だって、100%日本の応援実況なのでしょう?
誰かに気を遣ってるのかと思いましたわ。
日本国民として悔しいし、”王者ブラジルは怖い、やっぱり敵わない”というような、こちらまで暗示にかかってしまって、弱気になって、可能性を信じられなくなりますよね。

それと、どこの局とは申しませんが、日本代表選手のために作った応援歌、あれも、どうにもへなちょこな曲で毎回聴いているのがイヤになります。
どこかのスキー場とかビーチで聴いている分には楽しいけれど、とても厳しい勝負に挑んで勝ちをもぎ取ろうというムードではないわ~。
もっとパワフルで魂のこもった曲にすればいいのに。

…って、八つ当たりですね(笑)

まあ、ドーハから思えば少しずつ世界のレベルに近づいてきたわけですから、これからこの悔しさをバネに更に上を目指せばいいのですよね。

ガーナには是非、”王国ブラジル”を青ざめせるよう頑張って欲しいです。


nice!(1)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

祝☆ワールドカップ開幕 [サッカー*Football]

いよいよ始まりました、2006 FIFA ワールドカップ™
私のお気に入り&注目選手を列挙してみました。
勿論、超一流プレーにも惹かれますが、ルックス重視です(きっぱり)


ユングベリ(リュンベリ、リュングベリ) *スウェーデン代表*

一番お気に入りの選手、ユングたん。
写真はカルバン・クラインの広告で、カメラマンはご存知スティーブン・クラインさん。
さすがはクラインさん! 人物の魅力を十二分に引き出していて素晴らしい…。
この写真を見たときは、彼がサッカー選手とは知らず、暫くはモデルなのだと思っていました。
↑この写真だとギラギラしてますが、プレー中はなかなかクールです。
でもゴール際では素早いプレーで、ちょっと泥臭いサッカーをするでしょうか。
クラブチームはイングランドのアーセナル所属。


イブラヒモビッチ *スウェーデン代表*

とても長身な選手で192㎝もあり、いとも華麗なるプレーを魅せてくれます。
W杯予選で、5人の敵方選手に囲まれてのプレーは、まるで、“猟犬に追われる美しい牡鹿”のようでした。
しかし、ちょっと気性が荒いのが難点でしょうか。
イタリアのユベントスで活躍中。


ルーカ・トーニ *イタリア代表*

ダイジェスト版でしかプレーを見たことがありません。 (え)
彼も長身で194㎝もあります。 カンペキッ! (ルックス重視ですんで)
ゴールすると、耳元でくるくるッと手を回す仕草をします…
…どういう意味があるのでしょうかね~ (←調べてないのかい)
セリエBやCでの下積み期間が長かったらしく、代表デビューは27歳という遅咲き選手。
世界一の大舞台で大活躍して、大輪の花を咲かせて欲しいですね~。
これまたイケメンのジラルディーノとのツートップが楽しみです♪


ザンディ *イラン代表*

お父様はイラン人、お母様はドイツ人で、彼はドイツで育ったそうです。
とても人気者であるらしく、素敵なファンサイトもあります。
イランって名前は分からないけれど、素敵な選手が多いんですよね…
と予選の時から思ってました。 (非国民?)
所属クラブもドイツのカイザースラウテルン。


デコ *ポルトガル代表*

ルックスから入りました、ホントですよ~。
なぜなら、大好きなロックバンド フーバスタンクのダグラス・ロブに似てるから、うふ。
所属するクラブチームのバルセロナでの試合を見ましたが、堅実なプレーをしてました。
私にとっては可愛いひとです(^^)

ここからは番外編


カカ *ブラジル代表*

とても素敵なんですけれどね、いいな~と思っていたときに結婚しちゃったので、
一気に熱が冷めてしまいました(;^^)
そして、髪も短くしてしまったところも残念です。


アイマール *アルゼンチン代表*

こんなファニーフェイスな愛ちゃんですが、結婚してお子ちゃまがいらっしゃいます。
“マラドーナの再来”とか言われているらしいですね。
でもそう呼ばれてる選手が、アルゼンチンには他にも何人もいるとか(;^^)
日韓W杯の時は、予選敗退だったので、今度は頑張って欲しいです。


ニコ *クロアチア代表*

日本のライバルなんですけれどね…ちょっと可愛い…。
21歳の若き司令塔で、予選では活躍したらしいですが、
その後のテストマッチ?での調子がいまひとつだったらしく、それなのに重用されることが、
彼は監督の息子さんということもあって、国内からかなり批判を受けたのだそうです。
クロアチアのちょっと屈強そうな面々の中での可憐なすがたにちょっと心惹かれます(小声)


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サッカー We are REDS ! [サッカー*Football]

今日はのどが非常に痛いです。
何故ならサッカー観戦で大声張り上げてきたからです。
普段は野次を飛ばすことなく、きわめておとな~しく観ているのですが、
自分のひいきのチームがゴールした瞬間は、どうしても雄たけびをあげてしまいます(笑)
それに今回は特に燃えました…。

今回の試合は、前半にまず浦和がPKで先制し、次にもう一点追加。
この時点でホッとしたのもつかの間、川崎に2点奪われ同点で前半を終えました。

私はホームゲームしかスタジアム観戦しないのですが、先制された後、浦和が最後にひっくり返すというゲームを味わってから、それがとても心地がいいもので(個人的にこれを“浦和劇場”と呼んでおります・笑)、最近では先制されずにゲームを勝ってもあまり喜びを感じないという有様です(;^^)

なので先日の柏レイソルに7-0で勝ったゲームでは、最後には相手チームに同情する始末でした。
まあ、日本代表メンバーでお馴染みの、玉田選手のファンであるせいもありますが(*´v`*)

話は今回のゲームに戻りまして、後半に川崎の勝ち越しゴールが決まった瞬間は、“先制したのにもかかわらずひっくり返される”気持ちとはなんと辛いことか! ということがよく分かりました。
…しかしその決まったと思ったゴールは、何故かノーゴールとなり、最後には浦和が追加点を加えて勝利に終わったのです。

今回の審判はあちこちで批判されていますね~、最近国際試合での日本人の審判の失態を報じられたばかりで、敏感になっているということもあるのでしょうか、皆さん辛らつです。
技術的なことはよく分かりませんが、それにしてもイエローカード10枚+レッド1枚とは(;^^)
審判さん、張り切りすぎ。
あまり名前を聞いたことがない人でしたし、今回が審判デビューなのかと思いきや、スペシャルレフェリーなのだそうです。(私も知らなすぎで反省)

田中達也選手を始め、怪我人が多くて心配です。
その田中選手に大怪我を負わせてしまった柏レイソルの選手ですが、一時とても落ち込んでしまって練習にも参加できなかったとか。
しかし多くの励ましのメールを受け取ったからか、今回は一点決めたそうです、ゲームは負けてしまいましたが。
まあ、わざと怪我させた訳ではないですし、立ち直れたようでよかったなと思いました(^^)
その大怪我を負った田中選手、あまり当の選手を責めないで欲しいと、公式にメッセージを出したそうで、なんて心の広い素敵な人なのでしょう!
ますます応援したくなりました♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
- | 次の10件 サッカー*Football ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。