So-net無料ブログ作成
セレブ*Celebrity ブログトップ

* ヘルムート・バーガー様に捧ぐ * [セレブ*Celebrity]

今日は、ルキノ・ヴィスコンティ監督作品で知られる俳優ヘルムート・バーガー様のお誕生日です。
1944年生まれですから62歳ですね。

彼は私にとって“お気に入りの俳優”とか“好きな俳優”というように気軽に呼べるものではなくて、かといって“崇拝している”というのでもなく…上手く言えないのですけれど、“特別に想い入れのある俳優”というのが一番近いかも知れません。

私が彼を知ったのは数年前、BSで放送された映画『ルートヴィヒ』でした。
確かその数日前にやはりBSで放映された『ヴェニスに死す』の詩的な映画の世界に感銘を受けて、同監督に興味を持ったので見ることにしたのです。


冒頭のシーン、実在したバイエルン(現ドイツ)の王、ルートヴィヒ2世が父王の死後、国王に即位する前に、神父に君主としての心得を忠言されているシーン。
「立派な王になるよう努力します。」と希望に満ちた様子で誓ってみるものの、半面、その重責に押しつぶされそうで不安定な精神状態が窺える表情が絶妙です。

なんて美しい黒髪と青い瞳!
世の中にはこんなに美しい人がいたなんて!

と、かなりの衝撃受けて、一目で恋に落ちました。

…実はバーガー様は地毛は黒髪ではないんですけれどね(笑)

彼のことを知りたくて、それまで殆ど興味の無かったインターネットで検索することにしました。

私にとってはネットは未知の世界だったし、名前も聞いたことのない昔活躍した俳優さんということもあって、彼のことを知るには苦労するだろうと思いきや、あっさりとファンサイト様を発見、しかもご本人公認の日本語サイト様で、フィルモグラフィーや貴重な写真を沢山見ることができました。

すでに60歳近かったので、さすがに美貌が衰えた姿を見た時はショックでしたが、それでもあの鋭い眼光は若い頃のままで素敵です。

初めてサイトに書き込みをしたのもそのファンサイト様でした。

その時のHNは迷ったあげく、本名にしました。なぜなら、そのサイト様には通常のBBSの他にバーガー様自身が読まれて、場合によってはお返事を下さる掲示板もあるからです。
お返事はいただけなくとも、もしかしたらメッセージを読まれるかも知れないと思ったら、本名が目に触れるだけでも嬉しいと思ったのです(笑)

その頃は、そのサイト様がネット上での私の世界のすべてでした。
管理人のsho様には作品に関してあれこれお尋ねしたり、お願いしたりして大変お世話になりました…最近は表立って活動をしていらっしゃらないようですが、お元気でしょうか。

ルードウィヒ 復元完全版 デジタル・ニューマスター

ルードウィヒ 復元完全版 デジタル・ニューマスター

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • 発売日: 2006/07/29
  • メディア: DVD


映画『ルートヴィヒ』を含むドイツ三部作など、今でこそDVD化されて簡単に手に入りますが、私が知った時は絶版状態でしたので、しばらくはレンタルするしかありませんでした。

それまでネットで中古のビデオや本、CDを買うなんて考えられないことでしたけれど、どうしても欲しくて、当時は検索に不慣れでも必死に探して集めました。


バーガー様ファンにはとても人気のあるセルジオ・ゴッピ監督の『雨のエトランゼ』。
こちらはまだDVD化されておらず、ビデオでさえ入手は困難、レンタルさえも困難であると言えるかもしれません。
写真はその映画に挿入されている、ウォレス・コレクションの『stay』が入っているレコード。プレイヤーが壊れているので聴けないけれど持っているだけで満足なのです(笑)
ちなみに私のサイトのUN BEAU MONSTRE*は、この映画の原題からとりました。


ファンにとっては必携だと思われる『ヘルムート・バーガー 魔性の美貌』という写真集。


バーガー様の自伝『Ich』
ドイツ語ですが、ファンサイト様で和訳されたものを読むことができます。
かなり赤裸々な内容で、プライベートな写真も沢山載っています。

今日で62歳になるバーガー様、昨年の情報なのですが、たまにテレビに出演されたりしてお元気なようです。

シェイクスピアが愛する美青年を詩に詠い永遠性を持たせたように、
バーガー様もまた、愛し愛されたヴィスコンティの映像の中で永久に美しく生きてゆくのですね。

これからも少しでも長くお元気でいて欲しいと願っています。

Alles Gute zum Geburstag Mr.Berger !
Ich wünsche Ihr Glück und die Gesundheit


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

モナコ公国 ピエ~ル王子♪ 世界陸上ヘルシンキ大会をご観戦 [セレブ*Celebrity]


↓ このサイトの写真をクリックすると大きいお写真が観られます(^^)
http://www.hellomagazine.com/royalty/2005/08/12/pierrecasiraghi/

モナコ公国のピエール王子が、世界陸上ヘルシンキ大会を、伯父のアルベール殿下とご観戦されたそうです。
記事は、観戦の様子や内容とは全く関係が無く、少し皮肉とも取れるような彼についての絶賛に終始しています(笑)

「彼は幸運でお金持ちで、人目を惹くゴージャスなひとだ。
しなやかな体躯、彫刻されたような容姿に乱れるブロンドの巻き毛を持ち、
ヨーロッパの王族より、Hunky male catwalk stars(←魅力的な男性ファッションモデル?)と
交遊している。」

…ざっとこんな感じでしょうか。

ファン・サイト様の記事では、“彼は興味が無く、居心地が悪そうに見えた”そうです。
モナコからは誰か選手が出場されたのでしょうか?
もし自国の選手が活躍されていたら、楽しまれていたかも知れませんね。
ちなみに、この記事の日付けの8/12には、110メートルハードル決勝とか4×100メートル予選などで、アジアの選手が大健闘しましたp(^-^)q


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モナコ公国 ピエ~ル王子♪ [セレブ*Celebrity]


モナコ公国のピエール王子…少し前までハリー・ポッター君みたいだったのに、ちょっと(いや、大分?)目を離したすきに、こんなにお美しくなられていたのですね!
メガネはやめてコンタクトレンズにしたのかしら(^^)
しかしまだ17歳なので、これから先どうなってゆくか分からないですね。
英国のウィリアム王子も個人的には18歳頃が一番美しかったと思いますし。

お兄様のアンドレア王子もとても美男子だけれど、実は前から私はピエール王子のほうが好みでした。
お兄様よりも憂いをおびていて優雅な雰囲気で素敵です。しかも性格も明るいらしい(*^ヮ^*)
ピエール王子のファンサイト様もありました。↓
http://www.freewebs.com/pierre-fans/


お母様のカロリーヌ王女と義父の元ドイツ貴族・プリンス・エルンスト・オブ・ハノーヴァー。
その後ろにピエール王子♪
大きいお写真はこちら↓ アンドレア王子のお写真をクリックすると出てきます。
http://www.hellomagazine.com/royalty/2005/07/19/monacochildren/


左から、ピエール、シャルロッテ、アンドレア、義理の兄弟のエルンスト・ハノーヴァー、クリスチャン・ハノーヴァー。
ピエール王子、もう少し太られるか、体を鍛えられたほうがよろしいかと存じますm(_ _)m
大きいお写真はこちら↓
http://uk.fc.yahoo.com/050712/46/fn68d.html

モナコ公国では、レーニエ3世(妻は故・グレース・ケリー)が崩御されたため、12日、息子のアルベール2世が元首に即位されたそうです。
殿下は独身ですが、最近ある女性との間に子供をもうけていたことを認め、更に他の女性との間にもお子さんがいらっしゃるとか。
このままアルベール2世が独身のままなら、アンドレア王子の公位継承権はカロリーヌ王女に継ぐ2位だそうです。

モテモテ・アルベール2世はこちら↓
http://news.goo.ne.jp/news/jiji/geino/20050712/050711203400.opfwkphz.html?C=S


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
セレブ*Celebrity ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。