So-net無料ブログ作成
検索選択

パク・ヨンハさんの死によせて [韓国ドラマ*Korean TV]

park02.jpg

先日7月9日の『中居正広の金曜日のスマたちへ』は、
先月30日に自ら命を絶たれてしまわれた、パク・ヨンハさんの追悼放送でした。

私はパクちゃんの大ファンというわけではなかったのですが、
あのベヒーフェイスからは想像つかない、男らしいハスキーヴォイスという、
アンバランスな取り合わせにとても魅力を感じていたひとりでした。

http://www.youtube.com/watch?v=tmYB_QRI6-w&feature=related
↑ 韓国ドラマ『オールイン~運命の愛~』の主題歌である ♪初めて出逢った日のように♪
私が数多見てきた韓流ドラマの中で、最も好きな主題歌です。。。

あの放送で、彼の真面目で、優しさに溢れた素晴らしい人格を知るにつけ、
なんだかとても悲しく、切なくなってしまって、その晩はよく眠ることができませんでした(T_T)

きっと、スターとして絶大な栄光を手にした者にしか分からないご苦労があったのでしょう…
と、自殺の真の原因についてはありきたりの浅薄な想像を廻らすよりすべがないわけですが、
とにかく、悩みにとりつかれて、「命を絶てば楽になれる。」と咄嗟に行動に出てしまったのでしょうね。

ああ、なんておいたわしい… 惜しい方をなくしたなぁと本当に残念に思います。
心からご冥福をお祈りいたします。。。

しかし、残された私たちは彼の死から、何かを学び取らなくてはならないと思うのは冷酷でしょうか。

幸いにも私は今までは「死んでしまいたい」と思うほどの不幸に見舞われたことはないにしても、
やはりいくつかの困難を乗り越えてきました。

私には守るべき家族もいるため、これから先訪れるかもしれない、大変な試練に遭遇した時、
どのように心を処していくべきか考えておかなければなりません。

しかしとりあえず、私が今まで辛いことがあったとき、勇気付けられたり、
心の支えになった言葉を、以下にいくつかご紹介したいと思います。


永遠に幸せでいる方法はたったひとつ

感謝の心を忘れないことです。

そうすれば幸せはいくらでも

自前で調達できます。

~ 美輪明宏 ~


“見える”“聴こえる”“話せる”、食べるものがある、住む家がある、家族や友人がいる…
などなど、数えあげれば自分はたくさんの幸せに囲まれている、恵まれている…

当たり前のこととして暮らしていますが、よく考えると素晴らしく有難いことですよね。
私はこれだけ幸せなんだな~と意識して、生活するよう心がけています。
と言いつつ、気がつくと、どうしても不満に囚われがちになってしまうものなんですよね~。。。
まだまだ修行が足りません(;^^)


どうにもならない行き詰まりは

幸運の開宴を知らせる鐘の音である

~ 城 たいが ~



不運の次は“必ず”幸運がやってくるから安心しなさい。

~ リチャード・カールソン ~


「安心しなさい」と断言されるとなんだか心強いのです(^^)


その人が自分の人生で経験しなければならないことを

きちんと味わって、起こった意味を考えて気付くことができると、

同じ種類のことは起こらないようになっています。

~ 浅見帆帆子 ~


悪いことがおこるのは、自分の欠点に気付き改めなさいという、
神様(?)からの戒めであるということらしいです。
短所とわかっていても、普段はなかなか改められない性格を正したり、
自分自身をじっくり見直す機会ができるということで、プラスに転換できる場合もありますよね。


「時がある」、そうだ「時がある」のだ。

私は焦りと悲しみの中で自分を見失って、

今の苦境が未来永劫に続きそうな錯覚に陥っていたのだ。

大切なことは、必ず時があるに違いないのだから、

そのために準備をし、心の平穏を取り戻すことなのだ。

~ 姜 尚中 著 『在日』より ~



災難に逢う時節には

災難に逢うが良く候

~ 良寛 ~


人事を尽くして天命を待つ”“待てば海路の日よりあり”などといった
格言に通ずるところがあるでしょうか。

絶体絶命の不運に見舞われた時、事態を冷静に受け止めて、その意味を見出し、
やれるべきことをやったら、時を待つ… 
もう、最後はそうするより他ないですよね(;^^)


イヤなことは見なければいい。

悪口や禍々しいことは口にせず、聞くこともしない。

そうすれば知らぬが仏で、

平和に心穏やかに生きていけるのです。

~ 美輪明宏 ~


もしかしたら、パクちゃんは韓国芸能界にありがちな(?)中傷を受けて、
非常に悩んでいたのかもしれない、と思ったらこの言葉を思い出しました。

彼のように恵まれている(一見して)人々は、とかく妬まれることでしょう。
全てを完全にシャットアウトするのは無理としても、
これを心がけることは、生きる上での極意であると思うのです。

“心頭を滅却すれば 火もまた涼し” の境地に達することができれば言うことないのですが…
なるべく泰然自若とした自分でいられたらいいなと思います。



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 4

Mattie

パクヨンハさんの記事を検索して訪問しました。
と、開けてびっくりミカエラさん!
お久しぶりです Mattieです。
(Jenにしましたが、ややこしいので戻します・笑。
サイトもやってないし、もうHN使うことはほとんどないのでどっちでもいいんですが)

私も日本が負けてぐったりした朝に声をあげて驚いてしまいました。
別にファンではないけれども、韓流スターでは好きな方だったので。
(ミカエラさんともそうやり取りしたような!?懐かしい♪)
でもそれだけではないショックが・・・大きく・・・自分でもわかりません。
今までも亡くなったニュースで、例えばマイケルは知らなかった面も見えて、影響は受けたのですが今回はそれとは違う心でした。

金スマも見ました。冬ソナで最初はヨン様がかっこいいななんと思っていましたが、
しだいにヨンハくん(さん?)よりに。初来日の人のよさそうな様子覚えています。
ほんといい人!いい人すぎてこの世ではきつかったのかなと思えてしまいました。
芸能人はテレビに映らない顔があるなんてのは彼にはなかったのでしょう。
若くて才能があって、かわいくて(←近年は太って人相変わっていたので、気づかなかったり・・・。色々なストレスかな)・・・ホント悲しいです。

それにしてもミカエラさんのお言葉のチョイス。。。ぐっときます。

w杯はぼちぼち見ていましたが、これといったイケメンいませんでした。
日韓のときにみたイケメンがおじさん化にしてたり。

久しぶりにミカエラさんの声(?)が聞けてよかったです。
お体ご自愛くださいね
by Mattie (2010-07-13 22:29) 

ミカエラ

■Mattieさん、こんにちは(^^)
お久しぶりですね! コメントありがとうございます。

>>でもそれだけではないショックが・・・大きく・・・自分でもわかりません。
↑ そうなのですよね、私も全く同じ気持ちです。。。
冬ソナに出演して韓流ブームのさきがけとなった人ですし、
また、日本語も習得して親日家でもあったということで、
そんなこんなで、思った以上に親近感を感じて、
好感を抱いていたのかもしれないからではないか、と自分では思います。

>>初来日の人のよさそうな様子覚えています。
ほんといい人!いい人すぎてこの世ではきつかったのかなと思えてしまいました。
↑ そうそう、哀しすぎる原因はやはり、あのお人柄ですよね~。
私も、彼が横浜ランドマークの特設会場でミニコンサートを開いた時、
多くのファンが集まってくれたことに感激のあまり、涙が止まらなくなってしまったという場面を見て、
当時大きな衝撃を受けたのを覚えています。

>>若くて才能があって、かわいくて
↑ 可愛くて歌の才能があるといえば、Mattieさんの愛しのJON君に通ずるものがありますね(*^m^*)

>>日韓のときにみたイケメンがおじさん化にしてたり
↑ むむ! それって誰かしら、気になるわ~(笑)
そういえば、あの時は、イタリアの選手たちなどはキラキラ☆してましたけれど、
今大会の面々は…(以下省略)

パクちゃんの記事にコメントして下さってありがとうございました。
Mattieさんと久しぶりにお話しできた上、同じ想いであることがとても嬉しかったです(^^)

by ミカエラ (2010-07-15 00:43) 

うたのひと

ミカエラさま お元気でいらっしゃいますか?
ドラマの主題歌大好きでした。この方が歌っていたことを知りませんでした。
素敵な歌声でした。

また言葉も深く心に響きました。
ミカエラさま お体に気をつけてお過ごし下さいね。


by うたのひと (2010-07-27 18:20) 

ミカエラ

■うたのひとさん、こんにちは(^^)
おかげさまで元気にしております!
ご訪問いただいてとても嬉しいです、ありがとうございます。

>>ドラマの主題歌大好きでした
↑うたのひとさんも、このドラマご覧になっていたのですか♪
主人公(イ・ビョンホン)の不遇の環境の中で、必死に這い上がろうとする姿、
そして、愛する女性とは何度も引き裂かれてしまうところなど、
運命に翻弄されるふたりの姿に、こちらのココロも翻弄されっぱなしでした(T▽T)

この主題歌はボサノヴァ風で哀愁が漂っていて素敵ですよね。
サビの部分の歌詞は↓

“覚えていて 僕の愛は君が最後だということ 初めて出逢った日のように”

というのだそうで、主人公の愛する女性への熱い想いが、
ストレートに表されていてグッときてしまいます。
ストーリーにぴったりの素晴らしい曲ですよね♪

by ミカエラ (2010-07-29 00:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。