So-net無料ブログ作成

こっそり、プチ復活。 [お絵かき*Painting]

皆様、こんにちは。 いつもお世話になっております(^^)

この度、So-netブログさん側の都合により、アドレスが変わりました。
新アドレスは、下記の通りです。

http://la-dolce-vita-mika.blog.so-net.ne.jp/

リンクして下さっている方々におかれましては、
大変お手数ですがお手すきの時に新アドにご変更くださいますよう、
よろしくお願い申し上げます。

**************************************************

blog02.jpg
タイトル
  『ああ、マチアス… 君の妙なる美しさを画布に写し取ることなど到底出来ぬ!
…だがしかし、伝説の媚薬、マンドラゴラの熟した実の如き、
その紅玉の唇だけは、うまく表現できたと思うのだが… いかがかね?』 (長)

ミカエラ画  2005-2007年  ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー蔵 (嘘)


相変わらず、中途半端な絵でお目汚ししてしまいましてすみません…

blog03.jpg
↑ ということで、クライベイビーちゃんのお写真でお許し下さい(ごり押し)
…しかも古くてごめんなさい。

最近、とても気になるクリスチアーノロナウド。
プレミアリーグで今季も大活躍、絶好調ですよね~♪
お気に入りの理由として、ルックス的にはあの首、首、長~い首。
それから、ゴールを決めた時の、カメラ映りを意識した(ように見える)、
大げさな(ように感じる)ポーズとか、
そして、何故かチームメイトに頬をひっぱたかれるところもお気に入りなのであります(笑)

「得点ランキングで、アデバヨールとかフェルナンド・トーレスちゃんに負けたら、
絶交だからね!(`o´)」
とか言って泣かせてみたい…(夢~~)


ところで、皆様、お元気でしょうか。 大変ご無沙汰しております。

コメントやメール(ブログクルーザー含む)にて、
温かいメッセージをいただきましてありがとうございました。
思えばちょくちょくお休みしている私ですのに、気にかけていただいて、とても感激しました。
そんな心優しい皆様の元にも、更なる幸福が訪れますように(^^)

お返事がとても遅くなりまして、誠に申し訳ございませんでした。
本当になんと言ってお詫びしてよいかわからないほど恐縮しておりますが…
本日ようやくお返事させていただきました。. 何卒お許し下さいませm(_ _)m

ブログ等お持ちの皆様のところへは、またぼちぼち遊びに行かせていただきたいと
思っておりますので、どうぞまた、お相手してやって下さいませ、よろしくお願い致します。

実は、ハッキリと書くのがどうも恥ずかしいのですけれど、この度、赤ちゃんを授かりまして、
この前、大天使ガブリエルから“受胎告知”を受けたなんて、ふざけて書いたのですが、
ちゃんとお医者様の検診を受けておりますし、
決して幻想&妄想しているのではございませんので、ご心配なく、念のため(;^^)
それに、ジェレミー王子という優しい夫もおりますので大丈夫です。。。
(…やっぱり妄想なんじゃ?(;゜∀゜))

そんなわけで、約2ヶ月以上、つわりでダウンしており、お休みさせていただいていた次第です。
周りから比べると、症状は軽い方と思われますが、
それでもとにかく、体力と気力が恐ろしく減退して、
横になっているか、もしくはポケ~っとTVを見ているかありませんでした。
本当にな~んにもする気力が無くなってしまい、何か他の病気、
例えば心の病とかにかかったのではないか? と思うほど、
日頃から根性無しの私にとっては、苦しくて辛くて、とっても大変でした(T△T)

しかも、私の母親が、異常~なほど神経質になっておりまして、
月に1、2度の検診に出かける以外は、一歩も外へ出してくれないのです(>_<)
その病院へ行くのも、車で送迎されるので、どこへも寄ることが出来ず…
最近、ようやく近所のお店やレストランくらいには行かせてもらえるようになったのですが、
そのような状態のほうが、精神衛生上悪いですよね(;^_^)

それにしましても、女性とは、本当に大変な生き物ですよね…
それは、その昔、イヴが神命に背いてエデンを追われたせいだという説があるらしいそうで…
なるほど、そうだわ、きっとそのせいに決まってるわ!!
(←どうしても誰かに八つ当たりしたいらしい)

そんなわけで、しばらくの間すっかりテレビっ子だった私も、
ここのところようやく、本を読んだり音楽を聴いたり、映画を見るくらいの意欲が出てきました。
でも体調管理とか、食生活に気を遣ったりとか、
そしてお子ちゃまのお名前も考えなければならなくて、色々と面倒だし大変です。
お名前の候補としましては、城ちゃん(ジョーちゃん)、来安くん(ライアン君)、
もしくは“車尊”と書いて、“カーソン”なんていうのはいかかです? (…冗談っす)

ということで、ダウン中も観ていて感動だった韓国ドラマをご紹介  …why(;゜∀゜)



愛の群像 DVD-BOX 1 [日本語字幕]

愛の群像 DVD-BOX 1 [日本語字幕]

  • 出版社/メーカー: マクザム
  • メディア: DVD



『愛の群像』

冬のソナタでお馴染みのペ・ヨンジュン氏主演のシリアスドラマでございます。
ぺ様演じる主人公は、幼い頃に親に棄てられ、極貧生活の中、妹を育てながら仕事と勉学に励み、
しかしその妹は、素行が悪く頼り甲斐のない男性と一緒になりたがり、
そして本人は、愛する女性の両親に、家柄のため結婚を猛反対され、
プライドをズタズタにされた挙句、
ようやくお許しを得たと思ったら、今度は重い病に犯されてしまうという、
これでもか、これでもか! と不幸に見舞われてしまうという青年でして、
ここまでする、監督さんの気が知れませんでした(;^^)
おフランスのサド侯爵もビックリの、サドっぷり、猛烈な打ちのめしっぷりなのであります。

しかし、そのようなどん底ストーリーの合間合間に、
主人公と共に貧しいながらも身を寄せ合って暮らす、長屋の親戚やご近所さんの、
笑いを誘うエピソードが、ユーモアのテイストを添えていて、
ホッとひと息つけるところなど、実に上手く出来ているなと思いました。

また、“愛の群像”というタイトルにふさわしく、
相手のために身を引く愛、強引に我を通そうとする愛、親子の愛、兄妹の愛、友達の愛…
という、様々な愛のカタチ、それぞれの愛し方を示していて、
自分の立場に当てはめて眺めて、考えてみるのもよろしいかと思われます。

そして、日本のTV番組でもご活躍中のユンソナちゃんが、
殆ど主役に近い重要な役柄で出演されていまして、
見事な演技を披露しているんですよ~、彼女は素晴らしい女優さんだったのですね。

長い休養期間を経た後の復帰後第一弾という、ぺ様入魂の作品であります。



宮廷女官 キム尚宮(さんぐん) DVD-BOX1

宮廷女官 キム尚宮(さんぐん) DVD-BOX1

  • 出版社/メーカー: マクザム
  • メディア: DVD



『宮廷女官 キム尚宮』 (キムサングン)

日本で大ヒットしたドラマ『宮廷女官 チャングムの誓い』のイ・ヨンエさん主演の宮廷絵巻。
貧しい親の元に生まれ、寺で育った少女が、強い運命の導きによって、
やがて女官として宮殿に上がることとなり、
一介の尚宮(役職のある女官)でありながら、持ち前の才知と才略によって、
王族とその政治までを意のままに操つるまでの強大な力をつけ権勢を振るうという物語。

“チャングム”では正義感に溢れ清純そのものだったヨンエさんが、
今回のドラマでは、稀代の悪女に成りきっておりまして、ちょっと面食らってしまいました(;゜∀゜)
チャングムを観て感動なさった方々は、ショックが大きいかもしれませんので、
どうぞお気をつけ下さいませ(笑)

才気を買われ女官になった主人公は、宮廷で皇太子と出会い、やがて惹かれあうようになります。
当時、皇太子といえども、彼は側室腹であることからか、父王から疎んじられており、
後継の座も危うい状態でありました。
常に父の顔色を窺うという性格でありましたが、戦果を挙げ、臣下の信望もあるというこの皇太子を、
なんとか王座につけようと奔走するところまでの主人公の行動は、
まあ良いと思うのですが、王座につけた後は、
私利私欲をむさぼっているとは一概に言えないまでも、
残酷すぎる行いが目立ってきて、やりすぎの感があります。
生まれ持ったもの、あるいは育ちもあるのでしょうが、
人間、一度強大な力を手に入れると自制が効かなくなってしまうものなのですね…。

時代劇では、その当時のお食事とかファッションとかインテリアとか、
文化を知ることが出来ることも楽しいですよね。
しかし、韓国の時代劇では、色違いこそあれど、お衣裳はいつも同じ柄で、
代わり映えがないのが残念です(T。T)
そこへいくと、日本の時代劇では、特に女性は様々な色と柄の着物を着ていて、
なんと絢爛豪華なんでしょう!
例えば大奥なんかでは、お姫様や奥方様以外の御付の人々でさえも、
色々なデザインの打掛けを羽織っていたりしますものね~。

以上、2点が私の最近のお奨め韓国ドラマであります(^^)

そこのお嬢さん! 
「韓国ドラマなんて、おばさんの見るものだしい~。」 なんて言って敬遠することなかれ!
例えば、今回ご紹介の『キム尚宮』などは、当時の明(中国)と朝鮮の外交と勢力図、
又、加藤清正率いる倭人(日本人)が朝鮮に攻め入った
“壬辰倭乱”(文禄の役)の模様が出てきたりして、
それを韓国側からの視点で眺められるので、一味違った歴史のお勉強になったり、
なにか将来の役に立つかも知れませんよ~。
ということで、お時間がございましたら、是非ご覧になってみて下さいね(^^)

※この度はご訪問ありがとうございました(^^)
ただ今、コメント欄は閉鎖させていただいております。




共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。