So-net無料ブログ作成

雪辱、果たしたり! [サッカー*Football]


↑ 「いよっしゃああああっっっ!!」   …私の昨晩の様子。

昨晩の、アジアカップ準々決勝では、見事オーストラリアに、
1-1 (PK4-3) で、せり勝ちましたね、
日本代表選手の皆さん、おめでとうございます&お疲れ様でした(^o^)

ワールドカップとは舞台の大きさが違うとはいえ、
今回の勝ちは大きな意味と価値があると思います。
この勝機を逃したら、オーストラリアに対して苦手意識ができてしまって、
これからのアジアの覇権を争う際、
例えばワールドカップ予選などに影響が出るという可能性もありますよね。
だから、どんな試合内容であれ勝っておいて本当によかった!

高原選手のあの執念の、というか神がかり的なシュートは凄かったですね、
ポストに当たったのに、もしくはそのためか、内側に鋭く飛んで、
実に気持ちのいいゴールでした。
だから、彼がPKを外してしまったときも、ちっとも残念に思わず、
むしろ、私はそれで負けてもかまわないとさえ思いました。

そして、中澤選手の、勝利とプレッシャーのかかるPKも素晴らしかったですね~。
解説でも仰っていましたけれど、ドイツW杯での敗北はとても悔しかったことでしょう、
なにせあの後、一時は代表引退を発表したのですものね。
今回も試合中、何度も何度も痛んでいて本当に辛そうでしたけれど、
最後に最高のゴールを決めることができて良かったですね。
きっと、彼の日々の努力を見ていた、
日本のよろずの神々様が力を貸して下さったからでしょう(^^)

そしてそして、ゴールキーパーの川口君!
彼にも神様がついてますよね(;^^) というか、私にとっては彼が神様。
最初に2人も止めてくれたおかげで、見ている私たちでさえ、だいぶ気持ちが楽でしたv

サッカー選手のなかではあまり華々しい活躍の見せ場がないポジションのキーパーが、
スターになれる瞬間に、きちんと魅せることが出来るというのは素晴らしいことだと思います。

オシム監督は、PKは運だから…とか仰っておりましたが、
確かにそのように思うときもありますけれど、
今回は決して運ではなくて、自分たちの力で勝ち取ったPKの勝利ですよね。

それにしても、どういう経緯なのか、理由なのかわからないのですが、
どうしてオーストラリアはアジア枠なんでしょうか(T^T)
どう考えてもあの体格は、欧米クラスでしょう、
ですから、プレーオフを戦っていた南米の枠に入ればいいと思うのですが…不思議です。

それから、イラクもなかなか強いですね。
フセ○ンの恐怖政治も無くなりましたし、今はお国があのような混乱状態ですのに、
一体どこで練習しているのでしょうか。
それも不思議です(;^^)

そんなことで、これからはアジアの覇王となるには、
また、ワールドカップへの出場の切符を勝ち取るにはかなり厳しい道のりになることでしょうが、
なんとか頑張って欲しいですね。

しかし、オーストラリアのキューウェルちゃんはなかなか可愛かったなぁ♪(え)

プレミアのリバプールでプレーしているそうですね。
ということで、さすが、時間の稼ぎ方、シュミレーションの仕方もワールドクラスでしたわね(;^^)


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 4

SUKIPIO

ミカエラさん、おはよございます。
サッカーも、お詳しいので、驚きました。

日本は、連戦の疲れのせいか、制度を欠いたパスミスが多かった様にも見えましたが、大柄なオーストラリアチームが逆に寄せの早さや先を展開を読んだ細かなプレーをしてきたのが影響したのかも知れませんね。
また、オーストラリアGKシュワルツァーの好セーブもありましたが、後半レッドカードにより一発退場者を出したオーストラリアが引いて守る中では、完全に支配した日本でしたが、パスどころも見つからず、攻め倦んだ中からの突破力不足も気にかかりました。
しかし、後半27分には、左サイドで細かくパスをつないだ中村俊のクロスをファーサイドの巻がヘッドでボールを落とすと、ゴール正面の高原がDFのクリアミスからボールを奪い、反転、キックフェイントから左足でシュート。ボールはポストの内側に当たるも、この高原のスーパーゴールで、すぐさま同点に追いついたのが、試合の嫌な流れを変えた事でも、勝利に大きく貢献したプレーでしたね。
その影響からか、後半31分には中盤のルーズボールに高原が競りにいったところを、グレッラがひじ打ち?。グレッラにレッドカードを引き寄せた要因にもなった云えるでしょう。
また、惜しかったのは退場者を出したオーストラリのPK戦狙いとは、逆に、PK戦に持込たくない日本が、延長後半15分、右サイドからクロスを佐藤がヘッドで競り、今野が折り返すとゴール前にボールがこぼれ、そこに飛び込んだ中村俊の至近距離からのボレーシュートをGKが鋭い反応でセーブしたのがあり、その事以上に、PK戦にはいる時には、負けに等しい雰囲気でしたが、それを変えたのが川口でした。
退場者を出し、交代枠も使い切っていた為なのか、疲労がより残っていた様にも見えた、ハリー・キューウェルとルーカス・ニールのペナルティーキックを川口が完璧な読みにより最初の段階で阻止した事が、流れを再び引き戻し、中澤がマーク・シュワルツァーからゴールを決め、勝利に結びついた様にも考えられ、この様な悪い流れを持続させなかった事が、この試合の勝因でもあったと思います。
今後の試合も楽しみが増えた様で、期待しましょう。
by SUKIPIO (2007-07-23 07:50) 

ダフネ

雪辱果たしましたねぇ~~♪胸がすっとしました。
押せ押せムードだったのにあと一点が取れず、PKになったときはちょっと嫌な予感が胸によぎりましたが、川口がキューちゃんを止めた時に、イケるかも~~と思いました。

>彼がPKを外してしまったときも、ちっとも残念に思わず、
むしろ、私はそれで負けてもかまわないとさえ思いました。

あそこで決め切れなかったところが、なんか高原って人間味があるな・・・と思いました(^_^;)どんな名選手でもPKは外すことありますもんね♪

>キューウェルちゃんはなかなか可愛かったなぁ♪(え)

って言うか、ミクシでも話題になっておりましたが、オーストラリア側には他にルックス的には他に見るべき人はいなかっ・・・ケホケホ・・・(^_^;)

キューウェルは一時サムライのような髪をしていた時期もありましたが、髪切って、髭生やしてオトコマエ度上がりましたよね。
同じオージー俳優のヒュー・ジャックマンにちょっと似てますよね♪

>時間の稼ぎ方、シュミレーションの仕方もワールドクラスでしたわね(;^^)

狡猾でしたわね(^_^;)いや~、さすがワールドクラスでした。。。
by ダフネ (2007-07-23 13:53) 

ミカエラ

■SUKIPIOさん、こんにちは(^^)

映画も競馬にも造詣が深い上に、
サッカーについても細かく語れるSUKIPIOさんこそ凄いですよ!
詳しく解説して下さってどうもありがとうございます^^
先日の興奮が蘇ってきました。

仰るとおり、日本もまたその他のチームも、
暑さに加えて約70%もある湿度の中での連戦はかなりこたえるものがあるようですよね。
私も一度だけタイに行ったことがあるのですが、
あのねっとりとした空気の中では観光しているだけで意識が朦朧としていましたので、ピッチを全速力で走る選手たちは、さぞかし辛いことだろうと思います(T^T)

>>後半レッドカードにより一発退場者を出したオーストラリアが引いて守る中では、完全に支配した日本でしたが、パスどころも見つからず、攻め倦んだ中からの突破力不足も気にかかりました。
↑完全なアドバンテージを握っていたわけですから、
ホンネを言えばPKまで持ち込むことなく勝って欲しかったですね。
途中から投入された佐藤選手と、それから矢野選手がドリブルで攻めてみるっていうのもいいのではないかと思ったのですが…素人の考え方でしょうか(;^^)

>>この高原のスーパーゴールで、すぐさま同点に追いついたのが、試合の嫌な流れを変えた事でも、勝利に大きく貢献したプレーでしたね。
↑そうでしたね、高原選手は今大会大活躍で、実に頼もしいですよね。
反転しての素早いシュートは、さすがブンデスリーガで鍛えられただけあるなと感じました。
やっぱり、シュートはタイミングと、そしてなにより素早く判断して打つことが大切、と改めて思います。

>>負けに等しい雰囲気でしたが、それを変えたのが川口でした。
↑オシム監督は、試合内容が悪いほうがPK戦を制することが多いなんて言ってましたから、もしかするとあきらめてロッカールームに戻っちゃったのでしょうか(笑)
川口君、かっこよかったですね~(*▽*)
彼は大舞台で実に印象に残るプレーをしますよね、
記憶に新しいところでは、予選敗退だったとはいえ、ドイツW杯の時も、特にクロアチア戦でPKをセーブした場面など、本当に感動しました。
次は、サウジアラビア戦ですね、勝利を信じて応援しましょう(^^)
by ミカエラ (2007-07-23 19:06) 

ミカエラ

■ダフネさん、こんにちは♪
こちらにもコメントいただきまして、どうもありがとうございます^^

>>雪辱果たしましたねぇ~~♪胸がすっとしました。
↑はい~、やりましたねぇ~♪
ヒディング監督がいなくなって本当によかったです(監督の所為かい)

>>川口がキューちゃんを止めた時に、イケるかも~~と思いました。
↑まあ、キューちゃんとは可愛らしい呼び方ですね(*^^*)
私も思いましたよ~、最初に止めたことで、日本の選手たちはだいぶ気が楽になっていたことでしょうね。
散々時間稼ぎしたのに残念だったわね、キューちゃん(;^^) 止められて呆然としてましたっけ。

>>あそこで決め切れなかったところが、なんか高原って人間味があるな・・・と思いました(^_^;)どんな名選手でもPKは外すことありますもんね♪
↑特に記憶に残っているところではイタリアのバッジョとか…古すぎ!?(笑)
それに高原選手は試合中最高の仕事をしましたし、PK外したことによって後続の中澤選手に華をもたせることができたのでよかったなと思いました(^^)

>>オーストラリア側には他にルックス的には他に見るべき人はいなかっ・・・ケホケホ・・・(^_^;)
↑そですわね、どれも個性がないというかだた大きいだけの野獣と言うか…ゴホゴホ(;^^)
キューちゃん見てるとハーレイ・ジョエル・オスメント君を思い出すのですが、
なるほど、ヒュー・ジャックマンにも似てますね♪
by ミカエラ (2007-07-23 19:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。