So-net無料ブログ作成

★ レッズフェスタ 2007 ★ [サッカー*Football]

先日の日曜日に、さいたまスーパーアリーナで行われた
浦和レッズのファン感謝祭の“レッズフェスタ”に、
家族が遊びに行って写真を撮ってきましたので、簡単にご紹介したいと思います(^^)


会場の入り口。


お立ち台。
…といえば、じゅりあなとうきょ~~~!(古)


新しいユニフォーム。
もうご存知でしょうが、左が国内戦用で、右がアジアチャンピオンズリーグ用ですね。


リーグ優勝杯(左) と 天皇杯(右)


リーグ戦優勝の記念メダルを実際に首にかけてご満悦の私の家族。

なにせ私の家族なんで、そうそうの美男子なものですから(←殴)、
お問い合わせのメール等殺到すると困りますので(←殴)、
お顔は隠させていただきました、あしからず。(←殴殴)

これは本物のメダルだそうですよ~、裏面には元ブッフバルト監督の名前が
刻まれてあったそうです。

ということは、日本に置いて帰っちゃったのね、ブッフバルト…(゜∀゜;)
まあ、後で郵送でお返しするのでしょうけれど、
それにしても、大切なメダルを快く貸し出して、不特定多数の人間に実際に首にかけさせて
くれるなんて太っ腹だな~と感動しました。


「本物だった!」と私に証明するべく撮ってきたというメダルのケース(;^^)

もうひとつのメダルは誰のものだったのでしょうかね~。


一番笑えたショット。 あまりにも“なりきって”写っているので(笑)
しかも、そばにいた係りの人に、
「藤○社長に、なんとなく似てますね。」 と言われたそうです。
まぁぁ~、なんて光栄なんでしょう(゜∀゜;)


最上階の5階まで埋まっていたという会場内。
この日は4万人超の観客が入ったそうですよ、凄いですね(@。@)
阿部選手も「なんでこんなにお客さんがいるのだろう。」と驚いていたとか。

イベントとしては、レッズの選手たちが客席に紛れ込んで、
それをまた、別の選手がみつけるという“かくれんぼ”とか、
DFの闘莉王と、FWの岡野選手がそれぞれゴールキーパー努めて戦った
紅白試合などなどあったそうで、
レッズ狂の家族にとっては、とても楽し~い一日だったようです♪




nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 6

kurohani

かっこよいご家族のお顔を拝見したいですね♪サイドバーのルイ・ガレル君がやばいっす。
by kurohani (2007-01-31 15:11) 

ミカエラ

■kurohaniさん、こんにちは(^^)

私の家族は、ガレルもビックリの美男ぶりっす(←まだ言うかい(;^^))

サイド・バーも見てくださってありがとうございます♪
『ジュルジュ・バタイユ ママン』はご覧になりましたでしょうか。
↓のサイトでトレイラーが観れますのでぜひどうぞ、
美しい&官能的でやばいっす><
http://www.at-e.co.jp/maman/
by ミカエラ (2007-01-31 15:31) 

megumi

ミカエラさんこのサイト素敵すぎる。。。

うつくしい人は***堕落を選んだ***

いきなり;映画の世界に身投げしたくなるようなタイトルですね/

深夜に観る++こんな香りのする映画++素敵でしょうね。。。
by megumi (2007-01-31 16:45) 

ミカエラ

■megumiさん、こんにちは(^^)

おお、サイト、ご覧になりましたか~♪

>>いきなり;映画の世界に身投げしたくなるようなタイトルですね/
↑そうですね~、ガレル演じる主人公が身も心もママンに支配されるように、
私もガレルの美しさに溺れたい…と、いつもこんな調子ですみません(;^^)

>>深夜に観る++こんな香りのする映画++素敵でしょうね。。。
↑観たんですよ~、そう、深夜に、旅先で訪れたパリのホテルで、偶然。
フランス語で字幕なしでしたので、台詞は分かりませんでしたけれど。
なにやら、衝撃的なシーンがいっぱいでした。
その後、日本で公開されて見逃してしまったのですが、
もうすぐDVDが発売ですので楽しみです^^
by ミカエラ (2007-01-31 18:01) 

kurohani

再度コメント失礼します。「ジョルジュ・バタイユ ママン」イザベル・ユペールがママンでルイ・ガレルが息子とはやばいキャスティングですね〜。旅先でご覧になったって素敵です。バタイユって有名なマザコンですよね?三島が死の直前に一番共感するのはバタイユって言ってたってのも凄い。「エロスの涙」は読みました。DVD是非観てみようと思います。面白い映画ご紹介ありがとうございました♪
by kurohani (2007-01-31 20:21) 

ミカエラ

■kurohaniさん、こんにちは♪

>>イザベル・ユペールがママンでルイ・ガレルが息子とはやばいキャスティングですね〜。
↑そですね~(^m^) 『ピアニスト』はご覧になりましたでしょうか、
これは、母親の影響で神経症のような状態の主人公(ユペール)と年若き青年との物語なんですけれど、今度はユペールが息子に強い影響を及ぼす母親という立場に逆転して演じるところが面白いですよね。

>>三島が死の直前に一番共感するのはバタイユって言ってたってのも凄い
↑むむ、ということは、三島さんはマザコンでしたか(;^^)
そういえば、お祖母様に溺愛されていたという話は聞いたことがあります。
文筆家にならずに、まずは官僚勤めの道に進んだというのは、
お母さんの影響が大きかったのでしょうか…。

バタイユは読んだことがないんですよ、私には難しそうで(;^^)
この映画はバタイユの『聖なる神』を映画化したものだそうです。
DVDの発売が3/2だそうで、まだ時間がありますから、少しでも映画を理解するためにも読んでおくといいかもしれませんね~。
by ミカエラ (2007-02-01 16:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。