So-net無料ブログ作成

映画 『タイガーランド』 [映画 た行 *Movie]

タイガーランド〈特別編〉

タイガーランド〈特別編〉

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2005/04/28
  • メディア: DVD


*監督* ジョエル・シューマカー
*脚本* ロス・クラヴァン/マイケル・マクグルーサー
*出演* ボズ: コリン・ファレル (ボストン批評家協会賞主演男優賞)
     パクストン: マシュー・デイビス 他
2000年 アメリカ
*カンタンあらすじ*
1971年、敗戦が囁かれ始めたベトナム戦争のさなかのアメリカ。
ボズ(コリン・ファレル)は戦場へ送られる前の、厳しい訓練を受ける若者たちのひとりでした。
彼は戦争及び、殺し合いをすることに反対であり、この戦争自体に懐疑的だった為、
上官に反抗的な態度をとったり、脱走しようと計画します。
一方、訓練中に出会い親友となったパクストンは、志願して兵士になった上、
いつか戦場の記録を本にして世に出したいという夢を持っていました。
そんな彼等はやがて、地獄のような最終訓練地“タイガーランド”へと送られます。
そしてふたりの運命は思いもよらぬ方向へと進んでゆくのでした。
http://www.foxjapan.com/movies/tigerland/

                          ****

ああコリリン、あなたはどうしてそんなに魅力的なの~(;。;)
反抗的で、賢くて、強くて、弱い者には優しくて、ちょっとお茶目で、それでもって極めつけはとてもセクシー。
コリン・ファレルの魅力全開、演技もとても素晴らしい!…もう私の心を捉えて放しません。

ボズ(コリン)は、不遇の身の上の兵士仲間を、軍規の抜け道を探して除隊させてあげたり、弱い者や精神不安定な者に優しく気を使ってあげたりしていましたが、正義感とかいうのではなくて、「人として自然のことをしてるだけ」、と言っているかのようでした。
いつも反抗的で粗暴な問題児が、ふっと見せる優しさって心にしみますよね。
また兵士仲間から不幸な身の上話を聞かされた時も、「なんでそんなことオレに話すんだよぉ!」と半べそかいたり、怪我することや死ぬことを怖がったりするところもとても人間味があって、それをいとおしいと思わせるほど巧みにに演じていてたコリンは最高です。
DVDではそんな素晴らしいコリンの、貴重なオーディションの様子も見ることができて感無量でした。
最後にボズは運命に流されて、思いもよらぬ方向へと進んでしまうのだけれど、覚悟は出来ているという姿が潔くて爽やかでした。

この物語は脚本家自身の体験に基づいて作られているそうです。
又、9.11テロの影響で、ラジオスポットが中止されてしまったとか。
そんな時ほどこの反戦映画を流すべきではないのかしら…無理ですね(;^^)
もうすぐ日本でも終戦の日ですが、国は違うけれど、戦争によって青春の自由を奪われた、こんな若者たちがいたということを思い知らされる悲しい映画した。

コリン・ファレルはこの時まだそれほどその名を知られてはおらず、その後、スピルバーグ監督の『マイノリティ・リポート』などに出演し、注目を浴びるようになったそうです。
そして2002年には再びジョエル・シューマカー監督の、『フォーン・ブース』に出演するのですが、こちらもとても面白い作品でした。↓

フォーン・ブース

フォーン・ブース

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2005/07/07
  • メディア: DVD


http://www.foxjapan.com/movies/phonebooth/index2.html

今度のコリリンは、嘘をつくことなんて気にしない大胆なパブリシスト(宣伝屋)。
ある日何者かの脅迫によって、電話ボックスから離れられなくなってしまいます…。
初めは傲慢にふるまっていたけれど、犯人の脅迫によって公衆の面前で恥ずかしいことを言わされたり、自分を心配してくれている妻の姿をみているうちに、自分の今までの生活を省みるようになってゆきます。
ドルチェ&ガッバーナのスタイリッシュなスーツで決めた主人公のスチュ(コリン)が、犯人との駆け引きに疲れ、追い詰められて段々とボロボロになってゆく変貌ぶりが見ものです♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。